HOME>アーカイブ>明かりをLEDに変えるときに考えておくべきこと
イルミネーション

規格が一緒なら使える

普通の電球や蛍光灯の電気料金が高いと感じて、LED照明に交換しようと考える方もいるでしょう。もしかすると、器具も買い換えなければいけないと考えるかもしれませんが、現在使っているものをそのまま使えるかもしれません。『普通の電球・蛍光灯』と『LED照明の電球・蛍光灯』は規格が一緒の場合が多いからです。そのため、購入を考えている場合は、現在持っている器具に新しく買う予定のLED照明が合うかどうかをきちんと確かめてから選ぶようにしましょう。もしも、装着できるかどうか分からない場合は、家電量販店などの照明にスタッフに聞けば分かりやすく教えてくれるので頼ってみることをおすすめします。

長持ちするものを買おう

LED照明の一番良いところは、長寿命で10年持つとも言われていて、とにかく長い間明かりを利用できることでしょう。そのため、LED照明に使う器具を購入する場合は、そちらの耐久性もきちんと考えなければいけません。LED照明のほうはまだまだ無事なのに、早めに器具のほうが壊れてしまっては意味がないからです。器具の購入を考える場合は、きちんと寿命についてもリサーチして、信頼して長く使えるものを選択するようにしましょう。

LEDを活用できる場所

自宅の明かりをLED照明に変えたいと考えていても、全部ではなく、まず一部だけにしようとしている場合もあるでしょう。もしも、LED照明や器具の特長を最大限に活かしたい場合、まず交換すると良いのが吹き抜けの天井やお風呂場など、交換するのに手間がかかる箇所にある照明です。それらの箇所には、長時間交換せずに済むことになるLED照明や器具はピッタリでしょう。ただし、吹き抜けの天井にある照明の交換は危険な場合もあるので、そのときはプロに任せることをおすすめします。

広告募集中